コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レアアース(希土類)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

レアアース(希土類)

希少金属の一部で、17種類ある元素の総称。スマートフォンコンピューターディスクドライブなどに使われ、モーターなどの部品として高性能の磁石の原料となるネオジム、LEDなどの蛍光物質に使われるイットリウムなどがある。

(2013-03-22 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

レアアース(希土類)の関連キーワードランタンバナジウム褐簾石エイシアン・レアアース小型家電リサイクル内モンゴル自治区チタン(元素)花コウ(崗)岩海洋基本計画イッテルビー希土類フリー強磁性窒化鉄スカンジウムソリカムスク尖閣諸島問題カザフスタンレアアースバナジウムレアメタル希土類元素希土類磁石サマリウム

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android