コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レイヤー3スイッチ れいやーすりーすいっち

1件 の用語解説(レイヤー3スイッチの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

レイヤー3スイッチ

ネットワーク層(レイヤー3)でルーティング処理を行なうスイッチ。スイッチとルーターの機能を両方兼ね備えたネットワーク機器である。従来のルーター(レガシールーター)は、ルーティングを汎用CPU上で動作するソフトウェアで処理していた。レイヤー3スイッチでは、ルーティング処理をIPに特化して構造を簡素化。ルーティングはVLAN単位で行なう。その上で、ルーティングをソフトウェアではなく、ASIC(Application Specific IC:特定用途向けIC)を使ったハードウェア処理に変えることで高速化を実現している。ただし、現在は既存のルーターもルーティング処理をASICで行なうのが一般的。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レイヤー3スイッチの関連キーワードネットワークアーキテクチャーリング型ネットワークインハウスネットワーク社会的ネットワークステーションネットワークスポンサードネットワークソースルーティングダーティーワーク電子ネットワークリアルプレーヤー

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone