コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レイリー=ジーンズの放射式 レイリー=ジーンズのほうしゃしきRayleigh-Jeans' formula of radiation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レイリー=ジーンズの放射式
レイリー=ジーンズのほうしゃしき
Rayleigh-Jeans' formula of radiation

温度 T の黒体放射のエネルギースペクトル u(ν,T) に対して,1900年に J.レイリー,05年に J.ジーンズが導き出した関係式 u(ν,T)=(8πν2/c3)kT のことをいう。ただしνは熱放射の振動数,c は真空中の光速度,kボルツマン定数である。この式は高温で低振動数領域では実験結果と一致するが,低温かつ高振動数領域の測定値を説明できないばかりでなく,物体を熱して温度を上げていくこと,物体が発する光の色がだんだん変っていくという経験事実すら説明できない。さらに,νについて積分すると無限大になるという不都合も生じる。プランクの放射式はこれらの点をすべて解消しているが,量子論的効果が無視できる高温かつ低振動数領域では,レイリージーンズの放射式が近似式として導き出される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

レイリー=ジーンズの放射式の関連キーワード黒体放射放射法則プランク光速度熱放射