コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レイリーの干渉計 レイリーのかんしょうけいRayleigh's interferometer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レイリーの干渉計
レイリーのかんしょうけい
Rayleigh's interferometer

J.レイリーが考案したもので,干渉を利用して気体や液体の屈折率などを測定する干渉屈折計の1つ。単色点光源からの光をレンズで平行にし,試料セル,参照セルを並べ,その平行光線を通し,それぞれのセルのうしろに置かれたスリットから出た2光線束を望遠鏡に入射させて結像,干渉させると,2光線束の光路差に応じて干渉縞ができる。試料セルに屈折率をはかろうとする気体または液体を入れたときの干渉縞の変化から屈折率を求めることができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android