コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レオ ブリューア Leo Brewer

20世紀西洋人名事典の解説

レオ ブリューア
Leo Brewer


1919.6.13 -
米国の化学者。
カリフォルニア大学物理化学教授,輻射研究所無機材料部長。
セントルイス生まれ。
カリフォルニア大学で学位を取得し、戦時中はマンハッタン計画に参加する。1946年カリフォルニア大学物理化学教授を経て、’61年ローレンスの輻射研究所無機材料部長となる。高温のプルトニウム系の化学物質を調べ、新材料の実験や理論的探究と研究方法を確立する。この貢献に対し’61年アメリカ原子エネルギー委員会からローレンス記念賞を贈られる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

レオ ブリューアの関連キーワードフォード(John Ford(1895―1973))グリフィス石英岩ビダー牧野省三デミル(Cecil Blount De Mille)ドライヤー(デンマークの映画監督)反戦運動ルビッチシャルロット

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android