コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レオ[6世] Leo VI

1件 の用語解説(レオ[6世]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

レオ[6世]【Leo VI】

866‐912
ビザンティン帝国皇帝。在位886‐912年。ギリシアレオンLeōn。バシレイオス1世の息子で父の死後即位。学芸全般に造詣の深い文人皇帝で,〈賢帝〉と呼ばれた。〈ローマ法大全〉の改訂を図り《バシリカ法典》60巻を刊行,さらに113の勅令を法整備のため発布した。だが対外的にはブルガリアシメオン王に敗れ(896),シチリアタオルミナイスラム勢力に奪われた(902)。キエフオレーグ王と通商条約を締結し(911),この方面でのビザンティンの影響力を伸ばした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のレオ[6世]の言及

【バシリカ法典】より

…ビザンティン帝国レオ6世(在位886‐911)により10世紀初頭,ユスティニアヌス1世の立法(いわゆる〈ローマ法大全〉)を基礎として制定公布された60巻のギリシア語で書かれた法典で,その呼称はギリシア語で〈王の法〉を意味する。学説彙纂および勅法彙纂の6世紀に成立したギリシア語要約,ならびに新勅法を,場合により修正・加除のうえ,事項ごとに巻・章に分け収録したもので,全体の約3分の2が今日に伝えられる。…

※「レオ[6世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

レオ[6世]の関連キーワード東ローマ帝国ビザンチン建築ビザンチン帝国ラテン帝国ビザンチウムビザンチン教会ビザンツ帝国コンスタンティヌス一世ビザンチン式ビザンチン文化

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone