レオニダス(スパルタ王)(読み)れおにだす(英語表記)Leonidas

  • ?―前480
  • スパルタ王

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古代ギリシアのスパルタ王(在位前488~前480)。クレオメネス1世の異母兄弟。ペルシア戦争第2回遠征(前480)でギリシア側はテルモピレーとアルテミシオンに第一次防衛線を敷いた。このときスパルタは祭祀(さいし)の期間中で本隊を動かせず、精鋭300人とともにレオニダスをテルモピレーに派遣した。彼は7000人のギリシア連合軍を指揮、圧倒的に優勢なペルシア軍に抵抗してこの地を2日間守った。3日目にペルシア側は地元民の内通で知った間道を抜けて挟撃作戦に出た。レオニダスはペロポネソス勢を撤退させ、スパルタの精鋭と南ボイオティアのテスピアイ軍などとともに「玉砕」した。彼の死は、スパルタ戦士の理想を体現したものとしてたたえられた。

[古山正人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android