コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レオポルド[3世] Leopold III

世界大百科事典 第2版の解説

レオポルド[3世]【Leopold III】

1901‐83
ベルギーの第4代国王。在位1934‐51年。アルベール1世の長子で,父の急死により即位。第2次大戦勃発後も中立政策を固守したが,ドイツ軍の電撃作戦を前に,ベルギー軍の最高司令官として,内閣による亡命の勧めを蹴ってドイツに無条件降伏した。その後ドイツ軍に連行されて幽閉され,ドイツ敗北後スイスに移った。しかし,大戦終了後,ドイツへの降伏が攻撃の的となって退位問題を引き起こし,50年の国民投票により少差(賛成57.68%)でやっと復位が認められた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のレオポルド[3世]の言及

【ボードゥアン[1世]】より

…1951年即位。レオポルド3世とアストリッド王妃(スウェーデン王女)の長子。第2次大戦中はドイツ軍の捕虜として父とともにオーストリアに幽閉される。…

※「レオポルド[3世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

レオポルド[3世]の関連キーワードアルベール

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android