レオポルド2世[ベルギー王](読み)レオポルドにせい[ベルギーおう](英語表記)Leopold II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レオポルド2世[ベルギー王]
レオポルドにせい[ベルギーおう]
Leopold II

[生]1835.4.9. ブリュッセル
[没]1909.12.17. ラーケン
ベルギー王 (在位 1865~1909) 。初代国王レオポルド1世の長男として生れ,父の死後即位。その治世はベルギー経済の順調な発展期であったが,内政においては教育制度をめぐる自由,カトリック両党の対立,フラマン語問題,労働者階級の増大と社会主義勢力の進出,選挙権拡大運動などがめまぐるしく生じた。外政においてはプロシアの躍進,普仏戦争などの国際的緊張のなかで,中立主義を堅持しながらも,徴兵制など軍備を強化した。探検家 H.スタンレーと協力,アフリカのコンゴ盆地に「コンゴ自由国」を創設し (1885) ,苛烈な支配と搾取をして列国の非難を招き,1908年ベルギー領植民地にした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android