レオン ガーフィールド(英語表記)Leon Garfield

20世紀西洋人名事典の解説

レオン ガーフィールド
Leon Garfield


1921 -
英国の児童文学作家。
ブライトン(サセックス)生まれ。
第二次大戦後、ロンドンの病院で検査技師をつとめながら、創作活動を始める。海賊物語の「ジャック・ホルボーン」(’64年)で認められ、創作活動に専念。18世紀のロンドンを舞台にした歴史小説が多く、その文体は華麗な比喩を駆使している。また、人間が見かけとは異なることの発見をテーマにしている。’66年の作品「霧の中の悪魔」などでガーディアン賞を受賞。ギリシア神話の再話で、ブリッシェンと共著の「海底の神」(’70年)、「黄金の影」(’73年)でカーネギー賞を受賞。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android