コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レオンチウス Leontius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レオンチウス
Leontius

[生]?
[没]705
ビザンチン皇帝 (在位 695~698) 。 695年末ユスチニアヌス2世に対する暴動が首都コンスタンチノープルで起り,青党 (→デーモイ ) の援助でテマ・ヘラスの軍司令官から登位。翌年イスラムとカルタゴの争奪戦に一進一退を続ける一方,国内的にはヘラクリウス朝滅亡後の混乱期の象徴である短期在位皇帝であった。 698年カルタゴのイスラム討伐に派遣した海軍が反乱を起し,海軍司令官アプシマール (のちのチベリウス2世) を反対皇帝に擁立して,首都に進撃,このため退位を余儀なくされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

レオンチウスの関連キーワードビザンチン哲学チベリウス3世

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android