レオーニ(英語表記)Leoni, Leone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レオーニ
Leoni, Leone

[生]1509. アレッツォ,フィレンツェ共和国
[没]1590. ミラノ
イタリアの彫刻家,鋳金家。宮廷芸術家としてローマ教皇庁やスペインのカルル5世,フェリペ2世に仕え,肖像彫刻に優れたブロンズの技巧を発揮した国際的なマニエリスム作家。メダル作品も多い。美術品収集に熱心でレオナルド・ダ・ビンチの「マドリード手稿」を入手し,整理したことでも知られる。主要作品『ジャン・ジャコモ・デ・メディチ像』 (1560~63,ミラノ大聖堂) ,『オメノーニ宮ファサードの人像柱』 (1565~70,ミラノ,オメノーニ宮) 。その息子ポンペオも建築家,彫刻家として活躍した。

レオーニ
Lionni, Leo

[生]1910.5.5. アムステルダム
[没]1999.10.12. イタリア,トスカナ
オランダ生まれの絵本作家,アートディレクター,画家,デザイナー。初めチューリヒ大学やジェノバ大学に学び経済学博士となったが,のち独学でデザイナーとなり,主として広告美術に携わった。 1939年アメリカに渡り,1945年に帰化。欧米各地で個展を開き,作品はニューヨーク近代美術館などに収められている。絵本の第1作『あおくんときいろちゃん』 Little Blue and Little Yellow (1959) は孫を相手の遊びから生まれたという。円形にちぎった色紙のはり絵の絵本として各国に紹介されている。その他『ひとあしひとあし』 Inch by Inch (1961) ,『スイミー』 Swimmy (1963) など優れた絵本が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android