コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レオ・アフリカヌス Leo Africanus

1件 の用語解説(レオ・アフリカヌスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

レオ・アフリカヌス【Leo Africanus】

1489以後‐1550以前
ムーア人の文人,旅行家。カトリック勢力がイベリア半島を奪回した後の16世紀に,イスラム,黒人アフリカ,カトリックの三世界に生き,貴重な見聞録を残した。イスラム教徒としてグラナダに生まれ,名はハサン・ブン・ムハンマド・アルワッザーン・アッザイヤーティーal‐Ḥasan b.Muḥammad al‐Wazzān al‐Zayyātī。グラナダの陥落(1492)後,モロッコに渡って教育を受け,17歳のころ伯父に伴われてサハラの南に当時栄えていた黒人帝国ソンガイに行き,数年後再びこの地を訪れ,エジプトまで旅をした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

レオ・アフリカヌスの関連キーワードアカイア人ボーア人ムーアムーア人文人ブーア人マクリームーア立石マッフレームーア立石高位ムーア泥炭低位ムーア泥炭

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone