コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レオ・アフリカヌス Leo Africanus

世界大百科事典 第2版の解説

レオ・アフリカヌス【Leo Africanus】

1489以後‐1550以前
ムーア人の文人,旅行家カトリック勢力がイベリア半島を奪回した後の16世紀に,イスラム,黒人アフリカ,カトリックの三世界に生き,貴重な見聞録を残した。イスラム教徒としてグラナダに生まれ,名はハサン・ブン・ムハンマド・アルワッザーン・アッザイヤーティーal‐Ḥasan b.Muḥammad al‐Wazzān al‐Zayyātī。グラナダの陥落(1492)後,モロッコに渡って教育を受け,17歳のころ伯父に伴われてサハラの南に当時栄えていた黒人帝国ソンガイに行き,数年後再びこの地を訪れ,エジプトまで旅をした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

レオ・アフリカヌスの関連キーワードレオ・アフリカヌススーダン(地域)トンブクトゥアフリカ探検ソンガイ帝国ハウサ諸国

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android