レオ2世(読み)レオにせい(英語表記)Leo II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レオ2世
レオにせい
Leo II

[生]467
[没]474
ビザンチン皇帝 (在位 474) 。レオ1世の娘アリアドネとイサウリアの族長タラシコディッサ (ラテン名ゼノ ) の間に生れた。祖父の死後,7歳で即位したが,474年末没したため,副帝であった父ゼノが帝位についた。

レオ2世
レオにせい
Leo II

[生]?. シチリア
[没]683.7.3. ローマ
シチリア(→シチリア島)出身の第80代教皇在位 682~683)。聖人。教皇アガト(在位 678~681)の死後,まもなく教皇に選出されたが,ビザンチン皇帝コンスタンチヌス4世(在位 668~685)による承認が遅れ,682年8月に登位した。"Liber Pontificalis"によると,雄弁で聖書に精通し,ギリシア語ラテン語に堪能で,詠唱と聖歌(賛美歌)に優れていたという。680~681年に開催された第3回コンスタンチノープル公会議の布告の条文を,ローマ教会に向けギリシア語からラテン語へ翻訳した。キリスト単意説と,単意説を非難しなかった教皇ホノリウス1世(在位 625~638)の融和的態度を糾弾する公会議の決議を承認した。また教会音楽の発展に尽くした。666年からラベンナの司教座が教皇領から外されていたが,在位中,コンスタンチヌス4世の命令により教皇領に復した。祝日は 7月3日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android