コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レオ9世 レオきゅうせいLeo IX

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レオ9世
レオきゅうせい
Leo IX

[生]1002.6.21. アルザス,エギスハイム
[没]1054.4.19. ローマ
教皇 (在位 1049~54) 。聖人。本名 Bruno Graf von Dagsburg。ツールで教育を受け,1026年同地司教。皇帝コンラート2世ハインリヒ3世に仕え,クリュニーの改革を熱心にドイツに導入。 48年ウォルムスの国会で教皇に推され,ローマでの選挙を待って登位。 49年旅をしつつラテラノ,パビアランスマインツ教会会議を開き,司祭の婚姻,聖職売買を禁じ,50年のベルチェリ教会会議ではツールのベレンガリウスを断罪。 53年南イタリアのノルマンと戦って敗れ,捕えられた。次代をになう優秀な人物を外国から招いて枢機卿団を再興し,改革に貢献した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

レオ9世の関連キーワードオットー[3世]オットー3世ザクセン朝ハインリヒ2世(聖王)ボレスラフ3世(赤公)オットー(3世)金本知憲東芝エイズウイルス(HIV)Edward the Confessor