コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レギュラシオン理論(theorie de la regulation)

外国為替用語集の解説

レギュラシオン理論(theorie de la regulation)

1970年代、フランスで生まれた新しい経済学。「レギュラシオン=調整」という概念を基礎にして経済社会を分析しようとする経済学。ケインズマルクスを批判的に吸収し、資本主義の現実的な変化をとらえようとし、経済の安定のためには政府の政策介入だけでなく、労使間、企業間、国際間の合意をもとに各種の制度を作らねばならないという理論。

出典|(株)マネーパートナーズ外国為替用語集について | 情報

レギュラシオン理論(theorie de la regulation)の関連キーワードカルロス(3世) オミナミレギュラシオン理論