コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レジャンス様式 レジャンスようしきrégence style

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レジャンス様式
レジャンスようしき
régence style

18世紀の最初の 30年間のフランスの美術様式。特に家具,室内装飾,工芸品にみられる。ルイ 14世時代の重々しいバロック様式からルイ 15世時代のロココ様式の柔軟で優雅な形式へと移る過渡期で,その名称の由来であるオルレアンフィリップの「摂政 (レジャンス) 時代」 (1715~23) とは必ずしも一致せず,少し以前に始った。建築家 R.コッテ指物師 C.クレッサンらによる優美な構成で,建築物の平面はしばしば丸みをもち,壁や天井や室内装飾が彫塑的に融合して,それらの間に鋭い分割がなくなった。工芸品にも流麗な曲線が顕著となり,優雅な装飾形式が生み出された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レジャンス様式
れじゃんすようしき

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone