レット・イット・ビー

デジタル大辞泉プラスの解説

レット・イット・ビー

イギリスのロック・バンド、ビートルズの曲。1970年3月に発表した22枚目のシングル曲で、ビートルズ活動中の最後のシングル盤となった。同年公開の同名のドキュメンタリー映画のテーマ曲。ポール・マッカートニーによるナンバーで、全英第2位・全米第1位を獲得。アルバム「レット・イット・ビー」(1970年)に収録されている。歌詞中にある「Mother Mary」について、後年ポールは聖母ではなく母のメアリーのことであると語っている。「ローリング・ストーン」誌が選ぶ最も偉大な500曲第20位。原題《Let It Be》。

レット・イット・ビー

1970年公開のドキュメンタリー映画。原題《Let It Be》。監督:マイケル・リンゼイ=ホッグ、出演:ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター。第43回米国アカデミー賞歌曲・編曲賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

レット・イット・ビーの関連情報