コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レッヘル線波長計 レッヘルせんはちょうけいLecher wire wavemeter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レッヘル線波長計
レッヘルせんはちょうけい
Lecher wire wavemeter

レッヘル線を利用した超短波極超短波用の波長計。平行2線で構成されるレッヘル線の一端を発振器の出力回路に疎結合し,熱電形検流計を挿入した短絡片をレッヘル線に沿って動かすと,発振器の発振半波長の整数倍になるたびに短絡レッヘル線は共振して,大きな電流が流れる。このようにして,2つの共振点の間隔 (半波長に相当) から波長を知ることができる。構造が簡単で,測定が容易であり,波長は数m~数 10cmの超短波の測定が可能である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android