コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レッヘル線 レッヘルせんLecher wire

2件 の用語解説(レッヘル線の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レッヘル線
レッヘルせん
Lecher wire

波長に比べて狭い間隔をへだてて平行に張った長い2本の導線。超短波の伝送に用いられる。 VHFテレビジョンアンテナから受信機へのフィーダなどに使われる。2つの導線上で十分に狭く向い合った2点において電流の向きが互いに反対となって補償し合うので,電磁波をほとんど放射せず,損失なしに伝搬していく。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

レッヘル線【レッヘルせん】

電波の波長より狭い間隔で2本の導線を平行にはった伝送線。レッヘルE.Lecherがこれに沿って電磁波がよく伝わることを知り,超短波回路に使用した。電気振動それぞれの導線上の電流方向が反対であるため,電気損失がほとんどなく伝送される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone