レト・ロマン語(読み)レトロマンご(英語表記)Rh(a)eto‐Romance

世界大百科事典 第2版の解説

レトロマンご【レト・ロマン語 Rh(a)eto‐Romance】

スイスとイタリアにまたがるアルプス山中およびフリウリ平野で話されている,ロマンス諸語(ロマンス語)の一つ。レト・ロマンス語ともいう。〈レト・ロマン語〉の〈レト〉はアルプス中央部を含むローマ帝国の属州名ラエティアRaetiaに由来する。ドイツ語イタリア語の勢力に押され続けてきたレト・ロマン語は,中世以来,両言語圏を間に挟み,次の三つの方言群に分断されている(そのおのおのはさらにいくつかの下位方言に分かれる)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のレト・ロマン語の言及

【ロマンス語】より


[分類・分布]
 ロマンス語の分類に関してはさまざまな試みがなされているが,19世紀末に死滅したダルマティア語(かつてアドリア海東岸に分布)を今日使用されているロマンス語に加えたうえで,次のような分類が考えられる(配列順序はヨーロッパにおける分布をおおよそ西から東にたどったもの)。(1)ポルトガル語,(2)スペイン語,(3)カタロニア語(カタルニャ語,カタラン語とも),(4)オック語(オクシタン(語)とも),(5)フランコ・プロバンス語Franco‐Provençal,(6)フランス語,(7)レト・ロマン語(レト・ロマンス語とも),(8)サルジニア語(サルデーニャ語とも),(9)イタリア語,(10)ダルマティア語Dalmatian,(11)ルーマニア語。これらの〈言語〉はいずれもいくつかの地域的な変種(方言)を含んでいるが,(1)(2)(3)(6)(9)(11)のように超局地的な共通語(標準語)の確立している言語と,そのような標準語をもたない(4)(5)(7)(8)(10)のような言語とがある。…

※「レト・ロマン語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android