コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レナーヌス Rhenanus, Beatus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レナーヌス
Rhenanus, Beatus

[生]1485.8.22. アルザス,シュレットシュタット
[没]1547.7.20. シュトラスブルク
ドイツの歴史家,人文主義者。別名 Beatus Bild。 1505年パリ大学で学位を得,そこでアリストテレス哲学を研究。さらにドイツ古代史を研究し,タキツス,リウィウスらの古典資料を編纂,出版した。また初期ゲルマン史のパイオニア的な著書『ゲルマン事跡』 Res Germanicae (1531) を残した。エラスムスとも親しく,その著作の出版にも尽力した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

レナーヌスの関連キーワードリウィウス8月22日タキツス

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android