コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レバノン・シリア兄弟協力調整条約 レバノンシリアきょうだいきょうりょくちょうせいじょうやく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レバノン・シリア兄弟協力調整条約
レバノンシリアきょうだいきょうりょくちょうせいじょうやく

1991年5月にレバノンシリア間で締結された条約で,両国が外交,経済,安全保障などで共同政策をとり,最高評議会をはじめとして外交,経済,国防・治安に関して各委員会を設置するよう定めたもの。湾岸戦争中,ターイフ合意に反対しイラクの支援を受けていたアウン将軍が,シリアの支援をうけたフラウィー大統領によって排除され,レバノン内戦が事実上シリアの軍事プレゼンスによって終結した。そうした展開もあり,この兄弟 (同胞) 協力調整条約は,レバノンの新体制の構築,諸政策の展開に,シリアの発言権が圧倒的な強さを持ったことを意味している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

レバノン・シリア兄弟協力調整条約の関連キーワードスペースシャトル飛行記録ケビン コスナー今江祥智磯崎新トルクメニスタン道浦母都子ユーゴ紛争[各個指定]芸能部門エゴロワアルメニア共和国

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android