コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レバノン国民協約 レバノンこくみんきょうやく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レバノン国民協約
レバノンこくみんきょうやく

1943年,レバノンの初代大統領となるマロン派のビシャラ・アルフリと初代首相,スンニー派のリヤド・スーフ間で交わされた独立後のレバノンに関する合意。マロン派は外国勢力に依存しないこと,スンニー派はレバノンをアラブ・イスラム国家の一部にしようとしないこと,レバノンは特別なアイデンティティを保持しながらアラブの顔を持つことなどを取決めた。また,32年フランスの委任統治時代に行われた国勢調査に基づいて,議員比率をキリスト教徒6に対しイスラム教徒5と配分し,大統領をマロン派,首相をスンニー派,国会議長をシーア派から選出するという不文律も作った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

レバノン国民協約の関連キーワードレバノン内戦

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android