コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レビートフ レビートフ Levitov, Aleksandr Ivanovich

2件 の用語解説(レビートフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レビートフ
レビートフ
Levitov, Aleksandr Ivanovich

[生]1835.8.1.
[没]1877.1.16. モスクワ
ロシアの小説家。ペテルブルグの医学アカデミー在学中に,学生運動に参加したためシベリアに流された。革命的民主主義の影響を強く受けた作品が多い。主著『懲罰』 Rasprava (1862) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

レビートフ【Aleksandr Ivanovich Levitov】

1835‐77
ロシアの作家。多くの職を転々としながら,生涯の大半を極貧の中で過ごし,アルコール中毒と結核におかされつつ,その特異体験をもとに都市や農村の貧民層を描いた異色の作品が多い。ペテルブルグの医学専門学校に入学するが,学生運動に関係して,1856年ボログダへ流刑となり,3年後モスクワその他を転々としながら《ステップ物語》(1865‐67),《モスクワの貧民窟》(1866),《村街道,町の悲しみ》(1874)などを著し,ロシア各地の救いのない泥沼の貧困をクローズアップした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

レビートフの関連キーワードクプリーンクルイロフシュリーマンセフェリスパウストフスキーマクシーモフ在りしながらクシナガラ城殺しあいロシアの恋人

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone