コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レベル1とレベル2の地震・津波

1件 の用語解説(レベル1とレベル2の地震・津波の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

レベル1とレベル2の地震・津波

駿河トラフ・南海トラフ沿いでおおむね100年~150年周期で発生するマグニチュード(M)8クラスの地震・津波が「レベル1」。過去数千年間に発生した記録は見つかっていないが、発生すれば甚大な被害をもたらす恐れがあり、あらゆる可能性を考慮したM9程度の巨大地震・津波が「レベル2」。

(2013-11-30 朝日新聞 朝刊 静岡 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レベル1とレベル2の地震・津波の関連キーワードトラフ駿河トラフ駿河舟状海盆分岐断層南海トラフ地震とらふぐ亭南海トラフ沿いの巨大地震南海トラフ巨大地震の想定南海トラフと地震金洲ノ瀬

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone