コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レペシンスカヤ レペシンスカヤLepeshinskaya, Ol'ga Vasil'evna

2件 の用語解説(レペシンスカヤの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レペシンスカヤ
レペシンスカヤ
Lepeshinskaya, Ol'ga Vasil'evna

[生]1916.9.28. キエフ
ウクライナ生れのバレリーナ。 1933年ボリショイ・バレエ学校を卒業し,同バレエ団に入団。『3人の肥っちょ』『スベトラーナ』などに出演,アクロバティックとも思えるアダージョを得意とし,特に『春の泉』の遠くから相手役の男性舞踊手に身を投げる至芸は世界の観客を魅了しつくした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レペシンスカヤ
れぺしんすかや
Ольга Васильевна Лепешинская Ol'ga Vasil'evna Lepeshinskaya
(1916―2008)

ウクライナ出身のバレリーナ。キエフに生まれる。1933年モスクワのボリショイ・バレエ学校を卒業、同バレエ団の花形としてザハロフ振付けの『シンデレラ』の主役などを踊った。第二次世界大戦中はソ連軍兵士慰問のため各地で踊った。スターリン賞や人民芸術家の称号などを得て、1963年に引退。アクロバティックなテクニックをもち、来日公演(1957)での『春の泉』Spring Watersの男の腕に飛び込む軽業(かるわざ)のようなアダージョのテクニックや、『ワルプルギスの夜』の名人芸などは感嘆を込めて語り伝えられている。引退後は、ベルリン国立歌劇場やストックホルム国立バレエ団などで指導にあたった。[市川 雅・國吉和子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

レペシンスカヤの関連キーワードアロー号ブロッホ歴史小説フランツイリゴージェンオスメーニャ佐々木隆興芥川竜之介岩本栄之助エッケルト

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone