コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レミギウス Remigius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レミギウス
Remigius

[生]437頃
[没]533頃
メロビング朝時代のフランク王国聖職者ランスの司教。聖人。普通サン・レミとして知られる。 496年フランク王クロービスを正統派キリスト教に改宗受洗させたことで知られる。そののちも王の保護下で,異端のアリウス派と戦い,土地の寄進を受けて司教区をふやし,教会を建て,ガリア全土をキリスト教化した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

レミギウスの関連キーワードランスのノートルランス(フランス、マルヌ県の都市)ドンレミ・ラ・ピュセルベートーベン(年譜)クロービス(1世)サン・レミ聖堂サンレミ聖堂高谷裕之エペルネ普遍論争

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

レミギウスの関連情報