コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レンジファインダー・カメラ れんじふぁいんだーかめら Rangefinder camera

1件 の用語解説(レンジファインダー・カメラの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

レンジファインダー・カメラ

カメラの種類の一つ。カメラ内部に小さな距離計を組み込み、レンズの動きと連動させてピントを得るようにしたカメラ。「距離計連動カメラ」ともいう。ピントを合わせる方法は二重にずれて見える被写体像を一致させる「二重像合致方式」、二つにずれた画像を合わせる「スプリットイメージ式」などがある。一眼レフ・カメラなどのようなピントグラスで合焦させる方式ではない。
 レンジファインダー・カメラは一眼レフ・カメラに比べて小型・軽量でシャッター音も小さいので、スナップ写真を撮るカメラマンたちに愛用されることが多い。
現行機種でレンジファインダー・カメラはドイツライカ社が製造する「M型ライカ」シリーズ、日本のコシナ社が「フォクトレンダー」ブランドで製造する「ベッサ」シリーズなどがある。

(神田憲行 ライター / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レンジファインダー・カメラの関連キーワードカメラアイカメラワークEEカメラオフカメラカメラオブスキュラカメラスクリプトカメラ目線ポケットカメラライトシュミットカメラロボットカメラ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

レンジファインダー・カメラの関連情報