レンジファインダー・カメラ(読み)れんじふぁいんだーかめら(英語表記)Rangefinder camera

知恵蔵の解説

カメラの種類の一つ。カメラ内部に小さな距離計を組み込み、レンズの動きと連動させてピントを得るようにしたカメラ。「距離計連動カメラ」ともいう。ピントを合わせる方法は二重にずれて見える被写体像を一致させる「二重像合致方式」、二つにずれた画像を合わせる「スプリットイメージ式」などがある。一眼レフ・カメラなどのようなピントグラスで合焦させる方式ではない。
 レンジファインダー・カメラは一眼レフ・カメラに比べて小型・軽量でシャッター音も小さいので、スナップ写真を撮るカメラマンたちに愛用されることが多い。
現行機種でレンジファインダー・カメラはドイツのライカ社が製造する「M型ライカ」シリーズ、日本のコシナ社が「フォクトレンダー」ブランドで製造する「ベッサ」シリーズなどがある。

(神田憲行 ライター / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android