コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レンプクソウ(連福草) レンプクソウAdoxa moschatellina

2件 の用語解説(レンプクソウ(連福草)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レンプクソウ(連福草)
レンプクソウ
Adoxa moschatellina

レンプクソウ科の小型の多年草。分類学的には特異な植物で1属1種で1つの独立科とされている。北半球の温帯に広く分布する。日本では近畿地方より北の本州と北海道のやや暗い林の中に生える。白い地下茎を細長く引き,全体に弱々しい感じがする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

レンプクソウ【レンプクソウ(連福草) Adoxa moschatellina L.】

林の中にはえるレンプクソウ科の小さい多年草(イラスト)。花が特殊な形態をしており,とくに萼と花冠の形態学的な解釈について多くの議論がある。全体に細くてやわらかい。細い地下茎を出してふえ,それによって地上茎が互いにつながっているため連の名があるが,〈福〉の意味についてはよくわかっていない。あるいは〈花〉とも考えられる。中国では5個の花がつくため五福草という。葉は3出複葉で,根出葉は互生し,茎葉は対生で,1対つく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone