コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レンプクソウ(連福草) レンプクソウ Adoxa moschatellina

2件 の用語解説(レンプクソウ(連福草)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レンプクソウ(連福草)
レンプクソウ
Adoxa moschatellina

レンプクソウ科の小型の多年草。分類学的には特異な植物で1属1種で1つの独立科とされている。北半球の温帯に広く分布する。日本では近畿地方より北の本州と北海道のやや暗い林の中に生える。白い地下茎を細長く引き,全体に弱々しい感じがする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

レンプクソウ【レンプクソウ(連福草) Adoxa moschatellina L.】

林の中にはえるレンプクソウ科の小さい多年草(イラスト)。花が特殊な形態をしており,とくに萼と花冠の形態学的な解釈について多くの議論がある。全体に細くてやわらかい。細い地下茎を出してふえ,それによって地上茎が互いにつながっているため連の名があるが,〈福〉の意味についてはよくわかっていない。あるいは〈花〉とも考えられる。中国では5個の花がつくため五福草という。葉は3出複葉で,根出葉は互生し,茎葉は対生で,1対つく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

レンプクソウ(連福草)の関連キーワードセントウソウハエジゴク爪蓮華蠅毒草宝鐸草連福草小一薬草ハエドクソウホウチャクソウヤマブキソウ