コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レンリソウ(連理草) レンリソウ Lathyrus quinquenervius

2件 の用語解説(レンリソウ(連理草)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レンリソウ(連理草)
レンリソウ
Lathyrus quinquenervius

マメ科の多年草で,アジア東部に自生する。日本では本州と九州のやや湿りけのある草地に生える。茎は直立し高さ 50cm内外で狭い翼があり,断面は三角形状をなす。葉は柄のある羽状複葉で長さ6~8cmの広線形の小葉が1~3対あり,先端は巻きひげとなる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

レンリソウ【レンリソウ(連理草) vetchling】

スイートピーと同属のマメ科の多年草。和名は小葉の対生する様子に基づく。湿った草地に生え,直立し,高さ約80cmに達する。茎は三稜形で狭い翼がある。葉は2~6枚の偶数個の小葉をもつ。小葉は対生し,狭長楕円形で長さ5~10cm,葉脈は平行して5~6本が走る。花期は5~7月。総状花序に4~8花がつく。花は紫色で,長さ1.5~2cm。豆果は広線形で長さ3~4.5cm。本州,九州,東アジア温帯に分布する。 ハマエンドウL.japonicus Willd.は海岸の砂地でふつうにみられる多年草で,茎は長く地をはう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

レンリソウ(連理草)の関連キーワードスイートピースイートハートスイートバジルスイートマージョラムスウィートピーPSスイートエルビラ スイートピー トイレットペーパー船穂スイートピー記念日クズ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone