コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レンリソウ(連理草) レンリソウLathyrus quinquenervius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レンリソウ(連理草)
レンリソウ
Lathyrus quinquenervius

マメ科の多年草で,アジア東部に自生する。日本では本州と九州のやや湿りけのある草地に生える。茎は直立し高さ 50cm内外で狭い翼があり,断面は三角形状をなす。葉は柄のある羽状複葉で長さ6~8cmの広線形の小葉が1~3対あり,先端は巻きひげとなる。初夏,紅紫色でやや大型の蝶形花を数個つける。スイートピーに似て美しい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

レンリソウ【レンリソウ(連理草) vetchling】

スイートピーと同属のマメ科の多年草。和名は小葉の対生する様子に基づく。湿った草地に生え,直立し,高さ約80cmに達する。茎は三稜形で狭い翼がある。葉は2~6枚の偶数個の小葉をもつ。小葉は対生し,狭長楕円形で長さ5~10cm,葉脈は平行して5~6本が走る。花期は5~7月。総状花序に4~8花がつく。花は紫色で,長さ1.5~2cm。豆果は広線形で長さ3~4.5cm。本州,九州,東アジア温帯に分布する。 ハマエンドウL.japonicus Willd.は海岸の砂地でふつうにみられる多年草で,茎は長く地をはう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android