コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レーウフォンテーン岩 レーウフォンテーンがん leeuwfonteinite

1件 の用語解説(レーウフォンテーン岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

レーウフォンテーン岩

アルカリ閃長岩で,バーケヴィ閃石を含み,多量のアノーソクレイスが含まれるのが特徴で,その核には中性斜長石がある.有色鉱物にはバーケヴィ閃石,少量の黒雲母とオージャイトが含まれる.斑状の岩石も産出する[Molengraaf : 1903, Brouwer : 1917].かつてシャンドによってハゼレー岩(hatherlite)と呼ばれた岩石である[Shand : 1921].バーケヴィ閃石ラルヴィカイト─オーケル岩(akerite)に相当する.南アフリカ,ブシュヴェルド地方のレーウフォンテーン(Leeuwfontein)に産出する.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レーウフォンテーン岩の関連キーワードアルカリ閃長岩オルソ閃長岩カリ閃長岩カルクアルカリ閃長岩ソーダ閃長岩プラスキ岩ヒューム岩ブッホン岩ヤマスカ岩ファリス岩

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone