コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レーウフォンテーン岩 レーウフォンテーンがんleeuwfonteinite

岩石学辞典の解説

レーウフォンテーン岩

アルカリ閃長岩で,バーケヴィ閃石を含み,多量のアノーソクレイスが含まれるのが特徴で,その核には中性斜長石がある.有色鉱物にはバーケヴィ閃石,少量の黒雲母とオージャイトが含まれる.斑状の岩石も産出する[Molengraaf : 1903, Brouwer : 1917].かつてシャンドによってハゼレー岩(hatherlite)と呼ばれた岩石である[Shand : 1921].バーケヴィ閃石ラルヴィカイト─オーケル岩(akerite)に相当する.南アフリカ,ブシュヴェルド地方のレーウフォンテーン(Leeuwfontein)に産出する.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone