コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レーウフォンテーン岩(読み)レーウフォンテーンがん(英語表記)leeuwfonteinite

岩石学辞典の解説

レーウフォンテーン岩

アルカリ閃長岩で,バーケヴィ閃石を含み,多量のアノーソクレイスが含まれるのが特徴で,その核には中性斜長石がある.有色鉱物にはバーケヴィ閃石,少量の黒雲母オージャイトが含まれる.斑状の岩石も産出する[Molengraaf : 1903, Brouwer : 1917].かつてシャンドによってハゼレー岩(hatherlite)と呼ばれた岩石である[Shand : 1921].バーケヴィ閃石ラルヴィカイト─オーケル岩(akerite)に相当する.南アフリカ,ブシュヴェルド地方のレーウフォンテーン(Leeuwfontein)に産出する.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android