コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レーザー同位体分離法(読み)レーザーどういたいぶんりほう(英語表記)laser isotope separation method

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レーザー同位体分離法
レーザーどういたいぶんりほう
laser isotope separation method

原子あるいは分子を構成している同位元素の違いによって原子あるいは分子間に生じる光吸収スペクトルのわずかな差を利用した同位体分離法。ウランの同位体分離では原子法と分子法の2つの方法が提案されている。原子法は,2300℃以上の温度の低圧ウラン蒸気中で,周波数可変レーザーによってウラン 235 (U-235) の選択励起を行ない,U-235をイオン化して電磁的に回収して濃縮する方法である。分子法は,六フッ化ウラン UF6 蒸気に赤外レーザーを照射して,235UF6 分子に赤外吸収させた後,さらに赤外吸収または紫外吸収させて分子を励起し,分解反応を誘起して固体状の 235UF5 を回収し,U-235を濃縮する方法である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android