コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レーナル Raynal, Guillaume-Thomas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レーナル
Raynal, Guillaume-Thomas

[生]1713.4.12. サンジュニドル
[没]1796.3.6. シャイヨー
フランスの著述家。フランス革命を思想的に準備した一人。イエズス会で教育を受け,パリで聖職についたが,信仰を捨て,著述家の生活に入った。主著『両インドにおけるヨーロッパ人の諸機関と通商の哲学的政治的歴史』 Histoire philosophique et politique des établissements et du commerce des Européens dans les deux Indes (6巻,1770) は,反植民地主義,教会と王党派へのきびしい批判に満ちており,1774年ローマ・カトリック教会の禁書とされたが,革命まで 30版を重ね広く読まれた。 81年には本人も国外に追放された。 89年の革命後は全国三部会の一員に選ばれたが,暴力に反対する立場からこれを拒否。のち国民公会に財産を没収され,貧窮のうちに没した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

レーナルの関連キーワードレントゲン(Wilhelm Konrad Röntgen)フィリップ・エドワード・アントン レーナルトプルースト(Marcel Proust)レナードの質量吸収法則レーナルトの原子模型レーナルト効果質量吸収の法則オランダ文学レーナールトレナード効果レーナルト線シュタルク4月11日レーナルトレナード線6月7日光電効果コッセル陰極線

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android