コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レーマン不連続面 レーマンふれんぞくめん

大辞林 第三版の解説

レーマンふれんぞくめん【レーマン不連続面】

〔レーマンは発見者の名〕
地球の外核と内核との境界面。地表下約5100キロメートル にある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

デジタル大辞泉の解説

レーマン‐ふれんぞくめん【レーマン不連続面】

地球のコア外核内核との境界面。深さは平均5100キロメートル。1936年、デンマークの地震学者インゲ=レーマンが核内部の液体の内核と固体の外核の間に不連続面があり、地震波が屈折することを発見した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android