コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レームダック議会

1件 の用語解説(レームダック議会の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

レームダック議会

米国では2年ごとに上下両院選挙が行われる。11月の選挙後、新たな選出議員による新議会が開かれる年明けまでの間に、残っていた議題を審議するため開かれるのが「レームダック(死に体)議会」。選挙で敗れて新議会には出られない議員は「レームダック議員」と呼ばれる。現在は共和党が両院で多数派の第109議会。来年1月から民主党が両院で多数派となる第110議会が始まる。

(2006-11-15 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レームダック議会の関連キーワード下院上院オーバーライド数ダブル選挙フィリピンの中間選挙上院選米中間選挙自民党と民主党米国の立法過程米国の中間選挙

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

レームダック議会の関連情報