コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロイコチトゾーン病 ロイコチトゾーンびょうleucocytozoonosis

1件 の用語解説(ロイコチトゾーン病の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ロイコチトゾーンびょう【ロイコチトゾーン病 leucocytozoonosis】

ロイコチトゾーン属Leucocytozoonの原虫に起因する鳥類の伝染病。この原虫はマラリアコクシジウムとも近縁なもので,その発育環は三つの段階があり,鳥類の体内と媒介昆虫体内とで行われる。以下ニワトリを例に述べる。ヌカカの吸血時にニワトリの体内に侵入した胞子小体は,脾,肝,肺などの血管内皮細胞で第1代の分裂小体(シゾント)となり,この後血中から全身の臓器に運ばれて発育をつづける。この後シゾントから第2代の分裂小体(メロゾイト)が末梢血中で赤血球内の寄生状態となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone