コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロイコー Loi-Kaw

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロイコー
Loi-Kaw

ミャンマー東部,カヤー州州都シャン高原の南部に位置し,インレ湖を経てタンルウィン川に合流するナムピル川にのぞむ。周辺住民の交易の中心地として発達し,山岳民族のカレンニー (赤カレン) 族,パオ族,シャン族などが居住し,焼畑農耕で,トウモロコシ,雑穀などを産する。近郊には飛行場,軍事施設および日本が第2次世界大戦の賠償で建設したミャンマー最大のバルーチャン発電所がある。人口3万 6478 (1983) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ロイコーの関連キーワードカヤー[州]