コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロウバイ(蠟梅) ロウバイ Chimonanthus praecox (L.) Link

1件 の用語解説(ロウバイ(蠟梅)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ロウバイ【ロウバイ(蠟梅) Chimonanthus praecox (L.) Link】

ウメの咲くころ,蜜蠟に似た黄色のかわいい花をつけるロウバイ科の花木。落葉低木で,高さ2~4m。葉は全縁で対生する。早春,葉の展開前に他の花に先立って咲く。花被片は多数で,萼片から花弁へと連続して区別できない。内花被片は暗紫色,中片は黄色で外片は鱗片状。ソシンロウバイ(素心蠟梅)(イラスト)といって,内片も黄色い品種も栽植されている。中国原産で,日本には江戸時代初期に入り,18世紀の半ばころに日本あるいは中国からイギリスへ輸出され,winter sweet呼ばれるようになったという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ロウバイ(蠟梅)の関連キーワード梅暦花期花候可愛可愛げ黄花空木金梅草孫は子よりもかわいい桜時かわいい女

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone