コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロウヒ Louhi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロウヒ
Louhi

フィンランドの叙事詩『カレワラ』のなかで活躍する魔女。北方の陰鬱な地方ポホヨラの支配者だが,美しい娘をもち,これをカレワラ (フィンランド) の鍛冶の名手イルマリネンに妻として与え,秘宝サンポを制作させた。しかしこの宝物は,カレワラの詩人で英雄ワイナモイネンとイルマリネンによって盗み出され,彼らとあとを追ってきたロウヒが激しく争い合ううちに,粉々にこわれてしまったので,怒ったロウヒはその後,カレワラに悪疫や猛獣を送ったり,太陽と月を捕えて世界を暗闇に陥れるなど,さまざまの仕業によってワイナモイネンを悩ませたとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ロウヒの関連キーワードフリードマン(Milton Friedman)ハロルド(3世) マグロウフィスカル・ポリシージョン ネグロポンテリチャード ハロランクロマトグラフィーリーンダー パエスビジネス・ウィークハロルド マグロウ免疫グロブリン自然失業率仮説特殊相対性理論アスパラギン酸産業用ロボットアセチルコリン酸化的リン酸化トリプトファン日本経済新聞社マグロウヒルグルタミン酸

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android