コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロカテッリ Locatelli, Pietro

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロカテッリ
Locatelli, Pietro

[生]1695.9.3. ベルガモ
[没]1764.3.30. アムステルダム
イタリアのバイオリニスト,作曲家。 A.コレリに師事し,1721年頃からアムステルダムに定住,演奏家として名声を博した。極端なハイ・ポジション奏法やダブル・ストップ奏法を用いた技巧的なパッセージでパガニーニに影響を与えたといわれる。作品は,合奏協奏曲,バイオリン協奏曲,フルート・ソナタ,トリオ・ソナタなど,特に『バイオリンの技法,作品3』 (1733) が有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロカテッリ
ろかてっり
Pietro Antonio Locatelli
(1695―1764)

イタリアの作曲家、バイオリン奏者。9月3日ベルガモに生まれ、おそらく同地で教育を受けたのちローマに出た。コレッリに師事したと伝えられるが、むしろそのライバルだったジュゼッペ・バレンティーニに師事した可能性が強い。バイオリンの名手としてマントバ、ベネチア、ミュンヘン、ベルリンなどで成功を収めた。1729年にアムステルダムに定住し、同地を中心に活躍したのち、64年3月30日、そこで世を去っている。12曲のバイオリン協奏曲とそのカデンツァとして書かれた24のカプリッチオからなる曲集『バイオリンの技法』(作品三。1733)にみられる技巧性から「18世紀のパガニーニ」とも評されるが、作曲家としての評価も高い。[樋口隆一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ロカテッリの関連キーワードオランダ音楽ロシア音楽樋口隆一

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android