コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロカテッリ ロカテッリ Locatelli, Pietro

2件 の用語解説(ロカテッリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロカテッリ
ロカテッリ
Locatelli, Pietro

[生]1695.9.3. ベルガモ
[没]1764.3.30. アムステルダム
イタリアバイオリニスト,作曲家。 A.コレリに師事し,1721年頃からアムステルダムに定住,演奏家として名声を博した。極端なハイ・ポジション奏法やダブルストップ奏法を用いた技巧的なパッセージでパガニーニに影響を与えたといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロカテッリ
ろかてっり
Pietro Antonio Locatelli
(1695―1764)

イタリアの作曲家、バイオリン奏者。9月3日ベルガモに生まれ、おそらく同地で教育を受けたのちローマに出た。コレッリに師事したと伝えられるが、むしろそのライバルだったジュゼッペ・バレンティーニに師事した可能性が強い。バイオリンの名手としてマントバベネチアミュンヘンベルリンなどで成功を収めた。1729年にアムステルダムに定住し、同地を中心に活躍したのち、64年3月30日、そこで世を去っている。12曲のバイオリン協奏曲とそのカデンツァとして書かれた24のカプリッチオからなる曲集『バイオリンの技法』(作品三。1733)にみられる技巧性から「18世紀のパガニーニ」とも評されるが、作曲家としての評価も高い。[樋口隆一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロカテッリの関連キーワードNがもながもやがもよベルガモットTEAS'TEA ベルガモット&オレンジティーレベル3ベルガマスコベルガモットオレンジベルガモット油

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロカテッリの関連情報