コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ログローニョ Logroño

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ログローニョ
ろぐろーにょ
Logroo

スペイン北東部、カスティーリャ・イ・レオン地方の都市。人口13万3058(2001)。エブロ川上流右岸の標高384メートルに位置する。付近はラ・リオハLa Riojaとよばれるぶどう酒産地で、その中心都市。穀物、オリーブ油なども産する。ローマ以来の古い町で、王宮(12世紀再建)、教会などが残る。[田辺 裕・滝沢由美子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ログローニョの関連キーワードリオハの収穫祭エスパルテロベルセーオアスナールコラールサガスタメーニャナバレテラリオハ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android