ロシアの核戦力

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ロシアの核戦力

原爆開発で米国に先を越されたソ連は1949年8月、初の原爆実験に成功した。米ソ冷戦で80年代にはソ連の核弾頭備蓄量は4万発を超えたが、冷戦終結期から削減に向かい、2011年2月に発効した米ロの新戦略兵器削減条約(新START)では、18年までに核弾頭数1550以下、ミサイルなど運搬手段数は未配備を含め800以下にすると規定。今年7月の米国務省報告によれば、ロシアの戦略核弾頭数は1582(米国1597)、運搬手段数は890(米国898)。ロシアの戦術核は2千発と推定される。

(2015-07-08 朝日新聞 朝刊 オピニオン1)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロシアの核戦力の関連情報