ロシア経済動向(読み)ろしあけいざいどうこう

知恵蔵の解説

ロシア経済動向

1998年8月の金融危機を奇貨とし、また国際的なエネルギー価格の高騰によりロシア経済は回復に向かった。2002年から04年にかけて、経済構造に一定の安定が生まれており、一部の先進的な企業は欧米諸国のルールに適応すべく努力している。03年のGDP成長率は7.3%、04年は7.1%と良好だった。貿易黒字が増大したのは、高いエネルギー国際価格ゆえで、これがロシア経済の追い風となった。また、鉄鋼、非鉄金属、石油化学製品など有力輸出商品の国際価格も高価格で、財政黒字が増加し通貨が安定した。外貨準備高は07年には独立以来最高の約4000億ドルを超えた。ルーブルの安定化、外貨準備高の増大といった基本目標は達成されたが、インフレは進行している。06年には保険、教育、住宅、農業の国家プロジェクトが発足し、対外債務は前倒しで返済している。ロシア経済のマイナス要因としては、外貨収入の約6割をエネルギー輸出に頼り、国庫収入もエネルギーの国際価格に大きく左右されることだ。腐敗、汚職が蔓延して、健全な市場経済システムは機能していない。また生産設備の老朽化がひどく、設備投資も不十分なため、近い将来、鉱工業生産が激減する可能性もある。投資環境が悪いために、資金が生産投資に回っていない。金融、法制などの構造改革は、まだ十分には進んでいない。国家や銀行などの信用はなく、一部の土地私有化や売買も認められたが、土地はまだ集団所有が主流である。個人農はここ数年ほとんど増えていない。ユコス社解体、社長のホドルコフスキーが逮捕され、05年5月には実刑判決が下されたが、新興財閥への政権の攻撃は企業家や投資家に不安を与え、資本流出が一挙に増えた。

(袴田茂樹 青山学院大学教授 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android