コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロジックIC(読み)ロジックアイシー(英語表記)logic integrated circuits

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロジックIC
ロジックアイシー
logic integrated circuits

「0」と「1」の2つの値の組み合わせにより信号処理を行なうデジタル集積回路 (IC) は,信号を蓄えておくためのメモリ ICと信号を制御・加工・演算処理するためのロジック ICから成る。回路構成が単純で半導体の微細加工技術があれば最先端商品を作れるメモリ ICに対して,ロジック ICの設計には,ユーザーの必要とする機能をいかにうまく IC化するかというシステム的アプローチのノウハウが要求される。そのためにメモリ ICでは欧米に対して優位にある日本のメーカーも,ロジック ICではアメリカに遅れをとっている。ロジック ICの代表格で,パソコンの中枢部であるマイクロプロセッサは,国内流通品の大半がアメリカ原産ないしはその複製品である。近年,日本メーカーもロジック ICの重点開発に取り組んでおり,TRONプロジェクトなどを通しての早期巻き返しを図っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android