ロス-グラシアレス(読み)ロスグラシアレス

世界遺産詳解の解説

ロスグラシアレス【ロス-グラシアレス】

1981年に登録されたアルゼンチンの世界遺産(自然遺産)。パタゴニア南部、チリ国境のアンデス山脈東側に位置する4459km2の自然保護区で、国立公園。ロス・グラシアレスとは、スペイン語で「氷河」を意味する。南極大陸、グリーンランドに次ぐ世界第3位の氷河地帯で、空気をほとんど含まない透明な氷は青い光だけを反射するため氷河は青い。最大の氷河はウプサラ氷河で、面積595km2である。また、ペリト・モレノ氷河は、最深部が700mに達する。1年に数百メートルもの速さで流れるペリト・モレノ氷河は、通常は1年に数メートルしか移動しない他の氷河に比べてみても非常に速い。また、グアナコやハイイロギツネ、ヌートリア、マゼランキツツキ、クロハラトキなど、パタゴニア特有の動植物も数多く生息することなどが評価され、世界遺産に登録された。◇英名はLos Glaciares

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android