ロゾフスキー(読み)ろぞふすきー(英語表記)А. ЛозовскийA. Lozovskiy

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロゾフスキー
ろぞふすきー
А. Лозовский A. Lozovskiy
(1878―1952)

本名はСоломон Абрамович Дридзо/Solomon Abramovich Dridzo。旧ソ連の政治家。3月28日ロシアのエカチェリノスラフ県のユダヤ人教員の家庭に生まれる。1901年シンビルスクの中等学校を卒業、ロシア社会民主労働党に入り、革命運動に従事。数度、逮捕・投獄されたのち、1908年シベリアから脱走し、1909年1月パリに亡命、フランス社会党員となる。1917年6月に帰国。同年11月のソビエト政権発足後、1921~1927年プロフィンテルン(労働組合インターナショナル)書記長、1939~1946年、外務次官、1941~1948年、ソ連情報局副総裁、総裁を歴任。1939年にソ連共産党中央委員、歴史学博士となる。1949年シオニストの陰謀事件にかかわったとして逮捕され、1952年8月12日に処刑された。1956年のスターリン批判後、名誉回復された。労働組合関係の著作が多い。[中西 治]
『野村淳三訳『プロフィンテルン(行動綱領)』(1981・柘植書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

ロゾフスキー

生年月日:1878年3月28日
ソ連邦の政治家
1952年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android