コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロダーリ ロダーリ Rodari, Gianni

2件 の用語解説(ロダーリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロダーリ
ロダーリ
Rodari, Gianni

[生]1920.10.23. オメーニャ
[没]1980.4.14. ローマ
イタリア児童文学者。小学校の教員をしているうちに,偶然手がけた児童向けの創作によって才能を見出された。教訓と詩情,伝統と新しさ,特異な発想とユーモアに富む作品は,道徳的感傷主義を排し児童文学に新風を吹込んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロダーリ
ろだーり
Gianni Rodari
(1920―1980)

現代イタリア児童文学を代表する作家。貧しいパン屋の息子として生まれ、小学校の教師などをしながら児童文学に関心をもち、戦後はジャーナリストとして活躍しながら児童文学の創作を始めた。初期の代表作『チポリーノの冒険』(1951)は、野菜や果物を主たる登場人物とする空想物語だが、そこには、ジャーナリストとしての目と、強い階級的視点がみられる。一方、詩人でもあるロダーリは、子供のための詩、ことにナンセンス詩も数多くつくっている。『まちがいだらけの本』(1964)はそうした詩集の一冊である。エッセイ集『ファンタジーの文法』もある。[安藤美紀夫・山脇あさ子]
『杉浦明平訳『チポリーノの冒険』(岩波少年文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロダーリの関連キーワードダオメービクーニャラニーニャカンパーニャヘリオメーターポテンシオメータービーニャデルマルナイト・オブ・ボローニャボローニャ セルロイドヨモーニャ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロダーリの関連情報