コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロックンロール[rock'n roll] ロックンロール

1件 の用語解説(ロックンロール[rock'n roll]の意味・用語解説を検索)

音楽用語ダスの解説

ロックンロール[rock'n roll]

50年代中盤に黒人のリズムブルースと白人のカントリーウエスタンが融合して生まれたアメリカポピュラーミュージック。ビル・ヘイリーの2つのヒット曲「ロック・アラウンド・ザ・クロック」('55年)と「シェーク・ラトル・アンド・ロール」('54年)からその名をとって、DJのアラン・フリードが作った言葉だと言われている。エイトビート、スリー・コードを基調とするダンス・ミュージック。当時、出始めたばかりの電気楽器を使い、リズム・アンド・ブルースをアップ・テンポで演奏したのが始まり。略称R&R。チャック・ベリーリトル・リチャードファッツ・ドミノなどの黒人だけでなく、エルヴィス・プレスリー、エディ・コクラン、バディ・ホリーなど白人のスターも数多く生まれた。

出典|(株)ヤマハミュージックメディア
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロックンロール[rock'n roll]の関連キーワードファンクブルー・ツーリズムソウルミュージックリズムアンドブルースアーシージャンプブルースブルースロックリズム感摂食リズムR&B

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone