コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロハス・ピニヤ Rojas Pinilla, Gustavo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロハス・ピニヤ
Rojas Pinilla, Gustavo

[生]1900.3.12. トゥンハ
[没]1975.1.17. ボゴタ
コロンビアの軍人,政治家。単にロハスとも呼ばれる。長い間軍人生活をおくり,中将にまで昇進。 1953年軍事クーデターを起こして政権についた。アルゼンチンの J.ペロン政権に範を求め,社会福祉政策を推進し,都市の労働者や下層中産階級の支持を得るとともに,ラ・ビオレンシアの渦中にある保守・自由両党に対し第三政党を形成して対抗しようとした。しかし国際収支の悪化や軍事政権に反発した保守党自由党が国民戦線を組んで抵抗したため 1957年5月退陣,国外追放となった。 1958年 10月帰国したが,翌年市民権を剥奪された。しかし政界に復帰して 1962年の大統領選挙に出馬。その後国民大衆連盟を組織して,大衆の支持を獲得。 1967年名誉回復され,1970年の大統領選挙に出馬し善戦したが,敗れた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ロハス・ピニヤの関連キーワード[各個指定]工芸技術部門ウンベルト1世義和団事変ケイロース酒井雄三郎ドールセントルイス・カージナルス耐火物ベルトルッチ内閣総理大臣

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android